丈夫で長持ちな家

サビや腐敗による部材劣化への対策や湿気・結露対策や住まい全体の通気に配慮することで、上部で長持ちな家を造ります。

テクノビームの防錆処理

錆からテクノビームを守る溶融亜鉛めっき

strong-02

テクノビームの芯材となる軽量H形鋼には、防錆作用に優れた溶融亜鉛めっき処理を施すことで、住宅性能表示制度における劣化対策等級3(最高等級)の基準をクリアしています。
※梁に鋼材を使用する場合、等級3において、めっきの両面付着量はZ25(250g/m²)と規定されています。テクノビームのめっきはZ27(275g/m²)の付着量で、錆からビームをしっかり守っています。

溶融亜鉛めっきの犠牲防蝕作用

strong-03

亜鉛は鉄よりも先に反応する性質があるため、万一鉄素地が露出しても亜鉛が先に反応して緻密な保護被膜をつくります。これを犠牲防蝕作用と言い、亜鉛が鉄そのものを錆から守ってくれるのです。

テクノビームの結露防止

strong-04

テクノビームの芯材となる軽量H形鋼の結露防止として、外壁面やバルコニー部分のテクノビームに、板状の高性能ロックウール断熱材やポリスチレンフォームを施工しています。
(写真上)持出しバルコニー部分は発泡ウレタンやポリスチレンフォームで断熱補強しています。
(写真下)テクノビームに板状断熱材を張りつけ外気温がテクノビームを伝わって来ないようにしています。
※接合部には、ウレタン吹付仕上げを施します。
※北海道を中心とする地域では、外周部分のテクノビームの表裏に断熱材を施工することによって防露に対し、より安全な仕様となっています。

ご質問・ご相談・お問い合わせはこちらから。お気軽にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ
0120-822-007
受付時間 AM10:00〜PM6:00