仙台唯一のテクノストラクチャー工法住宅を始め、新築・建替え・土地探しなど、家づくりのことならおまかせください。

株式会社協大工業

お電話でのお問合わせTEL:0120-822-007

お問い合わせ・カタログ請求はこちら

自由設計

freeplan-01

タテヨコひろびろ・オープン室内空間

freeplan-02

テクノストラクチャーでは、一般的な木造軸組工法で約3.6mしかとれなかった柱と柱の間を、最大6m(壁心寸法)まで広げられます。そのため、20畳以上もの大空間が実現でき、ワイドビューが楽しめる大きな窓の設置も可能になります。

また、テクノ接合器具の採用により、従来柱の接合のために必要だった「ほぞ加工」が不要に。そのため、柱の長さをまるまる生かした高い天井高が可能になりました。2階建住宅で1階・2階とも最大2.8m(一般的な住まいでは2.4m)もの天井高が実現できます。

テクノストラクチャーの室内空間では、間口が広く天井も高いので、高さのある照明器具を取りつけても余裕があります。
右画像の数値(天井高最大約2.8m・間口最大約6m)は専用オプションを適応させた場合です。通常は天井高最大(リビング約2.5m・その他約2.4m)、間口最大4mになります。

外にひろびろ、ワイドバルコニー

freeplan-03

梁の強度はバルコニーの強度にも大きく影響します。バルコニー下に柱を出さずに外へ張り出せる持出し距離は、一般の木製梁の場合は0.5間(約0.9m)程度が限界でした。このため、バルコニーの使用範囲もおのずと限られ、バルコニー下に視界をさえぎる柱が出てしまうことも多かったのです。

しかし、テクノストラクチャーでは、梁の片側を下から支えることなく持出せる長さが、最大で木製梁の2倍にもあたる1間(約1.8m)に。

freeplan-06

木と鉄の複合梁「テクノビーム」ならではの強さでバルコニーを支え、2階で屋外テラスやガーデニングをも楽しめる、ゆとりのバルコニーを実現できます。

フレキシブル設計を実現するフリーウォール

freeplan-04

テクノストラクチャーでは、梁に沿って自在に間仕切り壁の位置が決められるフリーウォールシステムを採用しています。家具の寸法にぴったり合わせた壁の位置が選べるなど、設計の自由度が高まります。

また、入居後に間取りを変更したい場合にも、決め細やかな対応が可能です。子どもを中心とした子育て期やお子様の独立後の間取り変更が自由にできます。構造計算の裏付けにより、構造的な不安も少なく、家族の成長に合わせたフレキシブルで丈夫な住まいを実現できます。

freeplan-05

フリーフォールは、床仕上げ後に施工されるため可変性が高く、ミリ単位での位置設定が可能です。